プロフィール / BIOGRAPHY

 

 現在、ドイツ・マグデブルク劇場音楽総監督。欧米を中心に、日本でも活躍している。

 幼少期を日本で過ごし、ヴァイオリンを風岡裕氏に学ぶ。12歳で渡欧、ウィーン市立音楽院にてヴァイオリンをワルター・バリリ、ピアノをゲトルッド・クーバセック各氏に師事。1986年に渡米、ジュリアード音楽院にてドロシー・ディレイ、ヒョー・カン各氏のもとで研鑽を積むが、左手の故障(局所性ジストニア)のためヴァイオリンを断念、指揮に転向する。

 

 1992年より小松長生、マイケル・チャーリー、小澤征爾の各氏に指揮法を師事。またマネス音楽院にて楽曲分析及び作曲法を学び、当院よりジョージ&エリザベス・グレゴリー賞を受賞する。

 1993年、1995年のタングルウッド音楽祭に奨学生として参加し、小澤征爾をはじめサイモン・ラトル等に師事。

 1995年、デンマークで開催されたニコライ・マルコ国際指揮者コンクールで4位に入賞。

 19961998年 には、ボストン交響楽団とニューヨーク・フィルの定期演奏会、及びタングルウッド音楽祭にて小澤征爾、サイモン・ラトル、ベルナルド・ハイティンク、アンドレ・プレヴィン、ヤコフ・クライツベルク各氏の副指揮者を務めた他、1996~1999年にはC.W.ポスト室内楽音楽祭に講師として招かれた。

 

 1999~2007年、ニューヨーク州カユーガ室内管弦楽団音楽監督。
 2006~2008年、ベルリン・コミッシェ・オーパー(KOB)首席カペルマイスター。
 2007~2012年、テキサス州アマリロ交響楽団音楽監督。
 2009~2013年、大阪交響楽団首席客演指揮者。

 2010年~現在、ドイツ・マグデブルク劇場音楽総監督。

 KOB では、オペラ『フィガロの結婚』『ドン・ジョヴァンニ』『魔笛』『フィデリオ』『セヴィリアの理髪師』『リゴレット』『トゥーランドット』『こうもり』 『ホフマン物語』『子供と魔法』『売られた花嫁』『金鶏』『こびと』『フィレンツェの悲劇』やオーケストラ・コンサート等で質の高いパフォーマンスを披露した。

 現在在籍中のマグデブルク劇場では、これまでに『後宮からの逃走』『コジ・ファン・トゥッテ』『ランメルモールのルチア』『魔弾の射手』『マクベス』『イエヌーファ』『ラ・ボエーム』『蝶々夫人』『ホフマン物語』『トリスタンとイゾルデ』『薔薇の騎士』『メッシーナの花嫁 (ドイツ初演)』『死の都』のプレミエを指揮し、今後『トスカ』『さまよえるオランダ人』等のプレミエを予定している。

 

 これまでに客演指揮者として、テアター・アム・ライン(デュッセルドルフ)、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団、メックレンブルク・シュターツカペレ・シュヴェリン、オルデンブルク州立管弦楽団、レーゲンスブルク・フィルハーモニー管弦楽団、ポツダム室内アカデミー、ドイツ室内管弦楽団、アウグスブルク歌劇場管弦楽団、ボーフム交響楽団(ドイツ)、ネザーランド・フィルハーモニー交響楽団、テッサロニキ州立交響楽団(ギリシャ)、スロヴァキア・フィルハーモニー交響楽団、マンチェスター・カメラータ(イギリス)、シレジア・フィルハーモニー(ポーランド)、ソナユラン交響楽団(デンマーク)、ボストン交響楽団室内管弦楽団、コスタ・リカ国立交響楽団、リマ・フィルハーモニック(ペルー)、上海交響楽団、台湾国家交響楽団、中国放送交響楽団等を指揮。

 日本においては、NHK交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、群馬交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、九州交響楽団、札幌交響楽団等を指揮、また草津国際音楽祭にも出演している。

 

 2010年、「第9回斎藤秀雄メモリアル基金賞」指揮者部門受賞。賞金は、次世代の音楽家育成に貢献したいという当人の意向により、ジュニア・フィルハーモニック・オーケストラに全額寄付された。